30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい 無料で漫画の試し読み・ネタバレ・感想【電子書籍限定特典有り】豊田悠BLコミック

30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい BL漫画無料試し読み

豊田悠
30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい

▼ここから無料試し読み▼

30歳まで童貞だと
無料試し読みする

※↑「30歳まで童貞だと」で検索

30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい

豊田悠さんの人気BL漫画です。

30歳まで童貞で魔法が使えるようになった安達。「触れた人の考えてる事が分かる」魔法で、会社の同期でイケメンな黒沢の心を読んだら、自分のことで頭がいっぱいで(安達に恋してて)、思わず胸キュンになっちゃう作品です。

30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい

30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい
▼本編はこちらから▼

30歳まで童貞だと
今すぐ読む

30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしいのネタバレ

30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい

30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしいのネタバレストーリー

30歳の誕生日を迎えた安達は、いきなりコンビニ店員の手と触れ、店員の思っている事(思考)を知り固まってしまったというシーンから始まった、このBL漫画。

何故、安達にそんな能力があるのかと言うと、30歳まで童貞だと魔法が使えるようになると言うネットの噂通りに魔法が使えるようになったからだ。

彼が使える魔法はとても地味で「触れた人間の考えてる事が分かる」程度のものだった。

ある日、職場でイケメン同僚の黒沢に声をかけられ挨拶程度の話を交わしていたが、その爽やかな表情とイケメン度に嫉妬心を燃やし、少しぐらいいいだろうとイタズラ心が働き、彼に触れてしまう。

その時に、黒沢には会社内に思い人がいることが分かった。

誰なのか分からない安達はキョロキョロとエレベーター内を見回すが、見つけられない。

やっと分かったのは、黒沢の体の一部が自分に触れた時だった。

安達のことを真っ直ぐ見つめて、「すげー近い、可愛い、好き」を心の中で連呼していた。

しかし、そのイケメン同僚の黒沢は社長までもをデレデレにさせるほどのコミュニケーション力が高い人物。安達は思わず胸キュンしてしまう。

課長から残業を言い渡された安達は、夜遅くなっても終わらないでへたり込んでいた。

その安達に救世主として黒沢が手伝ってくれる事になり、書類を渡すと指がちょこんと触れる。

その時に黒沢の思いが伝わってきた。

あろうことか、安達のうなじにあるホクロを見つけたみたいで、こんなことを思っていたらしい。

「やらしいとこにある。なめてみたい」

パニック気味になった安達は思わず大声を出した。それ以上の言葉を聞きたくなくて拒否していた。

そして、残業が終わった後、終電を逃した安達は黒沢のマンションに泊まることにした。

黒沢の部屋には、安達も好きな漫画があり、以外にも趣味が合うことが分かり意気投合していく。

風呂が沸いてるからと言われパジャマを手渡された安達は受け取ったが、ふれあった指先から伝わってきた黒沢の気持ちまでも受け取ってしまった。

その言葉は、「妄想のために買ったパジャマが役に立って良かった」というものだった…。

30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしいの感想

豊田悠「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」の感想

童貞を捨ててない人間が30歳になると魔法が使えるという設定が面白そうだと思い読みました。

どこにでもいそうな感じの主人公に、相手は仕事完璧でイケメン同僚。

自分の魔法に気がついていても素直な安達はイタズラ心を出し相手の心の内を知っても、それをどうにかするような人間でないので、単細胞なキャラなのだなとほのぼのしていて楽しいです♪

試し読みでなく、続きが読みたくて1巻を買ってしまったほどハマってしまう作品です。

とにかく黒沢の一挙一動に振り回されつつも、それを友人に相談してまで悩むところが人間くさくて良い感じです。

友人のアドバイスにより、黒沢の失敗を助けてあげたい、もっと黒沢のことを知りたいと思うようになった安達は、当然のように黒沢の姿を追うようになりました。

今後の展開が楽しみになってきました。

このままの、おとぼけ単細胞キャラで突き進む安達と、自分の心の中を読まれていないと思っているむっつりスケベの黒沢のやりとりが楽しみです!

この安達黒沢カップルがどこまでいくのか。

この1巻では何も起きなかったけれど、黒沢の中では自分の印を付けたい、触れたい、触りたいと思っているのが手に取るように伝わってきます。

果たして、この2人にボーイズラブの定番といえる行為はあるのでしょうか。

今後の展開が楽しみです。

30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい

30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい
▼漫画はここから▼

30歳まで童貞だと
漫画を読む

30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい 作品情報

30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい

作品名

30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい

作者

豊田悠

あらすじ

30歳まで童貞を守ってきた主人公が、いきなり他人の心の声を読めるようになった。

そして、イケメン同僚の何気ない言動に嫉妬心がわき、またイタズラな思いで触れてしまった。

その時、彼の心の内の声が聞こえてきた。

彼の思い人は社内に居ることに、しかも同じエレベーター内に居るということに気がついた。

それまでなんとも思ってなかった主人公の安達は、その時からイケメン同僚の黒沢を目で追うようになった―。

30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい

30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい
▼立ち読み・購入はこちら▼

30歳まで童貞だと
無料試し読み

※↑「30歳まで童貞だと」で検索

タイトルとURLをコピーしました