俺たちつき合ってないから ネタバレ1巻・あらすじ・感想【無料試し読み漫画】

俺たちつき合ってないから 俺たちつき合ってないから

俺たちつき合ってないから1巻を読んだので、漫画のネタバレ感想です。

1巻(1話)は、結婚相手は年収3,000万以上ないと嫌だと言うヒロインのゆりかの前に、本当に年収3,000万の男が現れる話です!

俺たちつき合ってないから 1巻のあらすじ

俺たちつき合ってないから
ここから「俺たちつき合ってないから」で検索↓

「俺たちつき合ってないから 分冊版」
1巻(1話)
作者:宮崎摩耶(原作)・山崎智史(作画)

ヒロインのゆりか月収15万の彼氏と3ヶ月前に別れた

子供の頃から裕福な暮らしとは無縁だった彼女は、彼との生活で好きって気持ちだけではやっていけないと悟る。

そんなゆりかの理想の結婚相手は「年収3千万円以上」の男性。

キャバクラの仕事先で、ゆりかが理想とする「年収3千万」の男が現れて―!??

俺たちつき合ってないから 1巻のネタバレ

俺たちつき合ってないから1巻のネタバレ内容。

『第1話 優しさだけじゃ肉は食えない』

明日で付き合って3ヶ月記念日になるカップル。

ホテルで優しく彼女の頭を撫でる男は、眼鏡をかけた優しそうなイケメン

ゆりかは、大好きな彼に抱かれて幸せの絶頂にいた。

結婚したいくらい大好き…全部好き

SEXの最中に彼への愛を叫ぶ。

そんな彼女の姿を見つめる彼の顔は無表情に冷めていた。

しかし「結婚かぁ!!いいじゃん、ゆりか」と口先だけは彼女の会話に合わせて、好きだよと愛を囁く。

デートが終わり、家に帰ったゆりかは「今日は楽しかった」とLINEでメッセージを送る。

彼からの「また早く会いたいよ」と言うラブラブな返信を幸せそうな表情で眺めていた。

そんな彼女の姿は、デート中の綺麗な格好とは全くの別人

部屋は雑然と散らかり、服装も色気のないジャージ姿だった。

三ヶ月前。

ゆりかは、女友達と焼き肉を食べながら愚痴っていた。

自分の誕生日に、たかが3万円の財布すらプレゼント出来ない彼氏と別れてやったと話す。

「月収15万とかありえないしね」

突然の話に友人は驚き、何があったの?決定打は!?と尋ねる。

「優しさだけじゃ肉は食えないのよ」と、ゆりかは真顔で言う。

男は金と地位と名誉。中身は正直どうでもいいと豪語する。

外見や性格も大事だけど、いつの世も勝つのは「金のある奴」「金がすべて」

一つため息をつきながら、ゆりかは続ける。

私、結婚するなら、年収3千万円以上じゃないとイヤなの

月収15万の元彼との付き合いで色々学んだ。好きな気持ちだけじゃ、この先やっていけない。

「私は結婚した後も美味しい肉をたくさん食べたいの」と力説する。

しかし、友人達はゆりかの話に同意しながらも、お金はそんなになくていいと話す。

今の生活に満足している彼女達の会話に思わず舌打ちする。

一人は、年収300万のハゲな旦那を持つ、生活感丸出しの子持ち主婦。

もう一人は、彼氏持ちの独身。
でも、恋人の年収は200万ちょっと。安物のネックレスしか買えず、デートもイオンに行くような童貞だったダサい彼氏。

私が欲しいのはこんなんじゃない―。

どこかゆりかを見下した表情で、ゆりかならすぐにいい人が見つかるよ。昔からモテるし。と慰めの言葉をかける友人達にニコっと微笑む。

食事が終わり、車で帰る女友達を見送りながら、ゆりかは「こんなはずじゃなかった」と心の中で思う。

またひとりぼっち。いつも上手く行かない。何かもう全部イヤ。

だったら、せめて結婚相手は妥協してたまるか

思わず涙ぐんでしまう自分に、何泣いてるんだろうバカバカしいと一人呟く。

女友達だって皆男持ち、二人とも自分を見下してるのが分かる。

ゆりかは、貧乏ながらも一人娘として大切に育てられてきた。

周りと少し違う生活だったけど…。

いつ?一体どこで…私…何か間違った?

貯金残高「3025円」

ゆりかは、自分の貯金額を見て、感傷に浸ってる場合ではないと悟る。

そして、働いてお金を稼ぐ決意をする。

今はとにかく金を!彼と別れたばかりの今、ゆりかに必要なのは金なのだ。

キャバクラの仕事に就いたゆりかは、あー、金が欲しい。幸せになりたい…とボヤきながら、仕事を始める。

ふてくされたような表情で、内心何やってるんだろ…。と愚痴る。

あたし、そこそこ美人なのに。こんな所で美貌の無駄遣いだと。

そこへ、従業員の男が明るく挨拶しながらやって来た。

今日も使命ないね。と、ゆりかに話しかける。

態度の悪い彼女にため息をつきながら、もう28歳でしょ?昼の仕事は声優でも、この世界ではそういうのは通用しないよ?と諭す。

その言葉を聞いたゆりかは、この仕事に興味ないし。夜の人間に説教される覚えもないと悪態をついた。

ゆりかは、かつて有名作品にも出演していた声優だった。

少しは名の知れた声優つまりは女優…!

それはつまり、私は選ばれた人間だと言うことだ!!

ここにいる低俗なバカ女達とは違う―。

そんなことを考えながら目の前のキャバクラ仲間を見下していると、新規の客が入ってきた。

こんな場末のキャバクラに来る男なんて、たかが知れている。無視無視と思っていると、ヘルプについてと言われてしまった。

出来ないなら店を辞めてもらうと言われて、渋々ヘルプに付く。

心の中で、最悪!最悪!!最悪!!!

と、悪態をつきまくる。

目の前で繰り広げられる、客とキャバ嬢のくだらない低俗な会話にイライラが募っていく。

一人でどんどん酒を飲み干していくゆりかに、客の男が「この中で誰が好み?」と問いかけた。

ゆりかは「いねーよ!」と叫び「あんたら低俗な人間に興味ないのよ!!」とぶちまける。

年収3千万以下の男はゴミ!!

ついでにあんたらキャバ嬢もゴミ!!

こんな店に長居する気もないし、こんなくだらない場末の人間もまっぴらだと激昂する。

店を辞める勢いで啖呵を切って、その場を去ろうとしたその時。

一人の男が「俺、年収3千万だよ」と、ゆりかに向かって声を掛ける―。
 
この続きは本編でどうぞ。
「俺たちつき合ってないから」で検索してね↓

俺たちつき合ってないから 1巻の感想

宮崎摩耶・山崎智史さんの漫画「俺たちつき合ってないから」1巻の感想です。

最初から、どんどん引き込まれる展開で面白い漫画でした!

貧乏な子供時代を送って、大人になっても何故か上手く行かない人生を送るヒロインのゆりか。

そんな彼女の理想の結婚相手は「年収3千万円以上の男

理想が高いにも程があるだろうってくらい、ハイレベルな相手を求める彼女の前に本当に年収3千万の男が現れた!!

俺たちつき合ってないからは、そんな内容が目を引く作品でした。

ネタバレの最初に出てきた男がこの年収3千万の男なんですけど。

どう見ても、ゆりかに愛情なさそうなんですよねw

ゆりかに結婚したいくらい好きって言われても、話し合わせながらも上手くごまかしてるし。

女にピル飲ませて、自分は中出しとか。

冒頭の展開見てるだけで、女の方はメロメロだけど、男の方は遊びなんじゃない?って雰囲気がプンプンと漂ってきますw

個人的に、ヒロインのゆりかは、リアルでは友達になりたくないけど。

漫画で読む分には、威勢が良くて見ていて楽しいヒロインだなぁって思いましたw

キャバクラで客の前で本音をぶちまけるシーンは、読んでいて気持ち良かったです。

あんな風に自分の言いたいこと全部言えるとスカっとするだろうなぁw

でも、ひとりぼっちな孤独な人生に思わず涙してしまったり、弱い部分もあるんですよね。

そんな所も共感できました。

この先、年収3千万円の彼との関係がどうなっていくのか!?続きが凄く気になります!

 
漫画はここから「俺たちつき合ってないから」で検索↓

俺たちつき合ってないからネタバレ関連記事

タイトルとURLをコピーしました